LADDER BOOKS BLOG

http://ladder-books.com

書店を巡る旅 in イギリス 25日目 カンタベリー (英語勉強法2)

昨日は、イングランド国教会総本山で、世界遺産にも登録されているカンタベリー大聖堂がある街、カンタベリーを訪れていました。すごく楽しみにして行ったのですが、残念ながら改修工事中。

f:id:ladderbooks:20180619165416j:plain

足場から覗く先端部分がピカピカ。完了時に見たかった。

 

カンタベリーリバーツアーというものが人気らしく、多くの観光客で賑わっていました。

f:id:ladderbooks:20180619170322j:plain

 

では昨日に引き続いて、個人的な英語の勉強法をシェアしていきたいと思います。

約1年半前、英語の勉強を始めることを決意しました。4技能全てを勉強したかったのですが、どこから、どのように手をつけていいのかわからない。ということでとりあえず、大手英会話教室に通うことにしました。1コマ50分のプライベートレッスンを週2回。日本人とアメリカ人の先生が1コマずつという感じです。全く何もできない状態からのスタートだったので、最初の方はとりあえず与えられた教材と教えてもらった勉強法で勉強に取り組んでいました。

でも、数ヶ月もすると自分にあった勉強法がわかってきました。仕事の合間を縫っての勉強。英会話教室の予習復習が、自分なりの勉強の妨げじゃないですけど、片手間になってきました。「そういえば、予習もしておかないと」といった感じで。もしスピーキングを練習する機会を他で持つことができるのであれば、高いお金を払って英会話教室に通う必要はないのかなと感じます。でも私の場合そういった機会はなかったし、先生たちはみんな親切。「次のレッスンまでには、もっと上達して先生たちを驚かせてやるぞ!」というモチベーションにはなりました。

 

人それぞれ、自分にあった勉強法というものがあると思います。それを早く見つけだして、ひたすら同じことを繰り返すことが重要だと思います。「うまくいかないから次はあれ。次はこれ。」では、いつまでたっても上達しないかなと。他の人がいうことに耳を傾けることは大切ですが、英語の勉強に関しては、「無視してもいいのかな」くらいに思っています。

 

それで、個人的に1番参考になると思う英語勉強法の本が、

『村上式シンプル英語勉強法』by 村上憲郎

 

元グーグル社長の村上さんが30歳を過ぎて英語の勉強に取り組んだ時の勉強法が書かれた本です。私の英語の勉強法はここに書かれている内容とほとんで同じです。勉強のやり方を真似したというわけではなくて、模索しているうちに同じような感じになったという感じです。10年前に書かれた本なので、この本に書かれた勉強法を今はもっと効率よくできると思います。すごくお勧めです。また次回、その個人的な英語勉強法の詳細更新していきたいと思います。

 

カンタベリーの本屋

 

The Chaucer Bookshop

f:id:ladderbooks:20180619011244j:plain

https://www.chaucer-bookshop.co.uk

お勧めしてくれた本

『分別と多感』by ジェイン・オースティン

 

Burgate Books

f:id:ladderbooks:20180619011449j:plain

https://www.facebook.com/BurgateBooks

お勧めしてくれた本

君のためなら千回でもby カーレド・ホッセイニ

 

Oxfam

f:id:ladderbooks:20180619011728j:plain

https://www.oxfam.org.uk/shop

お勧めしてくれた本

『お呼びだ、ジーヴス』by P・Gウッドハウス

 

www.instagram.com