LADDER BOOKS BLOG

http://ladder-books.com

書店を巡る旅 in イギリス 28日目 サウサンプトン

昨日はサウサンプトンというイングランド南部に位置する都市で、ヨーロッパ各地とを結ぶ港町として知られるようになる。映画で有名な定期旅客船タイタニック号もサウサンプトン港から出航したようです。

f:id:ladderbooks:20180622174743j:plain

タイタニック号に関する展示も人気なシーシティ博物館。

 

映画タイタニックと言えば知らない人はいないくらい有名ですよね。1912年に実際に起きたタイタニック号沈没事故に基づいて作られた、ジェームズ・キャメロン監督による作品です。それで、この事故に遡ること14年前に "Futility "というモーガン・ロバートソンによって書かれています。この小説の内容がタイタニック号沈没事件の内容と酷似しているのです。同じスピードで同じロケーション、乗船していた多くの人々など。事故後に"The Wreck of the Titan: Or, Futility"と一部加筆されて再出版されているようなので、映画タイタニックが好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。

【出典】https://en.wikipedia.org/wiki/The_Wreck_of_the_Titan:_Or,_Futility

 

他にも未来を予言している?といった小説を紹介してみます。SF小説が好きな人は読んでみてください。

 

すばらしい新世界by オルダス・ハクスリー

2540年の世界を描いた作品。科学技術の発達、物の過剰。トランプのような大統領の誕生でまさに新世界に近づいているよう。

 

『解放された世界』by H・G・ウェルズ

原子爆弾の出現を予測している。実際に原子爆弾が投下される32年前に出版された小説。

 

『ガイア-母なる地球-』by デイヴィッド・ブリン

2038年、人工ブラックホールが地中へ落下。このままでは地球が破壊されてしまう。

この小説は実際に起こった出来事をいくつか予言している。

 

『プレイヤー・ピアノ』by カート・ヴォネガット

機械の発達が、生活を無意味なものへと導く。カート・ヴォネガットの処女作。

 

ニューロマンサーby ウィリアム・ギブスン

サイバーパンクというジャンルを生み出した小説。インターネット上での仮想空間などを予言している。

【出典】http://www.toptenz.net/10-books-predicted-future-eerie-accuracy.php

 

サウサンプトンの本屋

 

October Books

f:id:ladderbooks:20180622021207j:plain

http://www.octoberbooks.org

 

The Bookshop Alehouse

f:id:ladderbooks:20180622021537j:plain

https://www.facebook.com/BookshopAlehouse/

 

お勧めしてもらった本

 

f:id:ladderbooks:20180622021920j:plain

『失われた地平線』by ジェイムズ・ヒルトン

怒りの葡萄by ジョン・スタインベック

『ピルグリム 名前のない男たち』by テリー・ヘイズ

『ア・ロング・ウェイ・ダウン』by ニック・ホーンビィ